腰痛対策のマットレスといっても、各社から色々な商品が出ていてどれがいいのか迷ってしまいます。また同じ高反発マットレスでも硬さや使用感によって睡眠の質が大きく左右され、腰痛への効果も変わってしまいます。

【名の知れた2商品を比較】

そこで名前をよく目にするモットンとトゥルースリーパーについて比較し、腰痛にいいマットレスの条件について考えてみました。

【身体に合わせて硬さが選べるモットン】

腰痛に効果があるという声も聞くモットン。

 

 

モットンは高反発マットレスに分類されますが、寝てみると案外柔らかいという口コミが多いようです。

 

 

それもそのはず、モットンは日本人の体格や筋肉量に合わせて作られているから。

 

 

日本人の多くが海外製あるいは硬いマットレスで寝ると身体が痛くなるのは、欧米諸国の人に比べて身体が小さく、筋肉量も少ないからです。ではなぜ筋肉量が少ないと身体が痛くなるのでしょうか?

 

 

一般的に硬いマットレスはスプリングが強く利いています。高反発、つまり外に身体を押し出す力が強いということです。例えば痩せた人を少し小突くとすぐによろけるのは想像できるでしょう。

 

 

しかしガチガチに鍛え上げたプロレスラーには思い切り突進してもびくともしない。これも容易に想像できると思いますが、同じことがマットレスにも起きているのです。

 

 

 

どういうことかというと、痩せた人・筋肉量の少ない人が高反発のマットレスを使うと反発力で支点がぐらぐらになります。

 

 

マットレスに対して身体が軽すぎるので滑ってしまい、身体を支えきれず寝にくいのがまず一点。

 

 

さらに痩せている人は硬いマットレスが骨の突き出た部分に当たるので、少しでも痛くない所を求めてモゾモゾと身体を動かします。

 

 

そのため、ただでさえ身体に合わないマットレスを使っているうえ寝返りも気持ちよく打てない。筋肉量の少ない人が夜中ずっと動いているのは辛いものでしょう。ですから筋肉量の少ない、小柄な人が高反発のマットレスを使うのは本来お勧めできません。

 

 

 

このように高反発マットレスはあくまで体力や筋肉量があり、ある程度ガッシリした体格でないと使いにくいものでした。しかし高反発マットレスはうまくすれば自然な寝返りが打てるため、ストレッチ効果も期待できて安眠につながるのも事実。そこでモットンジャパンは100回以上の失敗を重ね、日本人のサンプルを多量に採取し、日本人の体格に合った高反発マットレスを開発しました。それがモットンなのです。

 

 

 

日本人の体格や体力、筋肉量に合わせて作られたため、モットンは他の高反発マットレスに比べて寝心地も感触も低反発のものに近いようです。しかもさらに小柄な女性やお年寄りにも使えるよう、反発力に応じて3段階の硬さを用意しました。日本人の多くが反発力を表す単位N(ニュートン)での硬さ表示は、通販番組で有名なあの製品にはないのが意外です。

 

 

一番反発力の少ないモットン製品は100Nのものですが、一般的に「高反発」と呼ばれる基準は100N以上のものなので中反発・あるいは低反発というくらいなのかも知れません。ですから高反発マットレスの動きやすさと低反発マットレスのふわふわ感を兼ね備えたものといえるでしょう。

 

【モットンの使用に向いている人・いない人】

モットンの特徴は密度の高いウレタンフォーム素材でありながら、通気性に優れていることです。

 

ウレタンフォームはカビや湿気が心配という声もありましたが、今まで湿気が原因でへたりが起こったという口コミはさほどないようでうです。

 

 

モットンはさらにダニやホコリを寄せ付けないので、寝具の清潔を保ちたい人・汗やにおいが気になる人・アレルギー体質の人にまず向いているでしょう。

 

 

高反発マットレスについては、弾力性があり押し戻す力が強いため、身体が寝具に沈まず寝返りが打ちやすいというメリットがあります。自然な寝返りを打ちたい人・血流が悪いことで腰や肩の凝りに悩まされている人・ある程度の筋力があり、身体がマットレスに沈まないことを望んでいる人には向いているようです。

 

 

具体例では、睡眠中に寝返りを打つなど、ある程度活動的で比較的体力のある人・適度な筋力のある人が使用に向いています。腰痛や肩こりの原因が内臓疾患などではなく筋肉の凝りと分かっている人にはいいでしょう。

 

モットンは使う人の体重によって反発力が3段階に分かれた製品作りをしているため、使用に向いていない人はあまりいないのですが、一番軽い人向けの100Nを使っても身体が痛く動かせない人などは他の低反発製品にするか、身体の状態によっては医療・介護用にも使用している製品に変えたほうが身体への負担は少なく済みます。

 

 

また反対に170Nの製品を使っていても身体が沈む人は海外製のマットレスを検討してもいいでしょう。

 

 

【生活様式にも合わせられるトゥルースリーパー】

通販番組でお馴染みのトゥルースリーパーですが、実はトゥルースリーパーには色々なラインナップがあります。低反発マットレスの他にも中反発・高反発の製品もありサイズも様々、ベッド用や布団用などもあるので、硬さだけではなくライフスタイルにも合わせて選べるのが特徴です。

 

 

とはいえ口コミ数の多い主力商品「トゥルースリーパープレミアム」が低反発なので、トゥルースリーパーといえば低反発。そういったイメージが普及しているのでしょう。

 

 

 

低反発マットレスは、体重のかけ具合や身体の動きに合わせて形状を変えられる柔軟性にその特徴があります。しかし文字通り反発力が低いため重みをかけるとそのまま沈み込み、外に押し出す力も弱いため元に戻るにも時間がかかります。例えばふかふかのソファの上では立ちにくいように、低反発マットレスの上では身体の動きが制限されます。

 

 

 

ですから身体を動かせない・動く体力がない・夜間あまり寝返りを打たない人には高反発よりも低反発が合っているようです。また高反発マットレスは硬いため、腰痛などがある人、特に痩せていて腰痛があると身体が落ち着かず辛いことがあります。

 

 

しかし高反発にもいい所はあります。寝返りが打ちやすく自然に体が動かせるので血流を妨げないことです。そういう意味では筋肉の凝りが原因の腰痛には高反発の方がいいこともあります。

 

 

そこで両者のいいところをとった「中反発」製品があるのがトゥルースリーパー。中反発マットレスは硬すぎず身体が沈みすぎず「赤ちゃんのほっぺ」と形容される感触を維持できるようです。

 

 

 

ちなみにトゥルースリーパープレミアムはNASAがロケット発射時の衝撃を和らげるために開発した低反発素材を使用しています。また体圧だけでなく体温でも形を変えられるため、従来の「中反発」のような働きも可能なのです。

 

【トゥルースリーパーの使用に向いている人・いない人】

一方、トゥルースリーパーはよく知られている低反発マットレスから、中反発・高反発の製品も出ており選択の幅が広いメリットがあります。

 

 

また反発力だけではなくベッド用など使用する状況によってもマットレスを選ぶことができるので、身体だけではなくライフスタイルに合わせて柔軟に寝具を選びたい人には向いていると思います。

 

 

 

またトゥルースリーパープレミアムに代表される低反発マットレスは、体重だけでなく体温の変化でも形状が変わり身体を支える作用があります。

 

 

そのため特段に動かなくても体圧を分散できるので、寝返りの少ない人・痛みがあり身体がよく動かせない人・高齢や病気などで動く体力や筋力がない人に向いています。

 

 

 

一方、寝返りの多い人などが低反発マットレスを使うと身体が沈みやすくなるので寝返りも打ちにくくなります。この場合無理に動くと安眠を妨害されたり疲労感につながります。その場合には同じトゥルースリーパーでも高反発または低反発のものを選ぶとトラブルが少なくなることもあります。

 

 

 

そもそも低反発マットレスと高反発マットレスってまだいまいちわからない。

 

 

 

って人は、次の記事を参考にすると良いかもしれません。

 

 

関連記事

高反発マットレス?低反発マットレス?どっちが良いの?

 

 

【まとめ&結局どっちも一緒じゃない?】

通販番組などでおなじみの「トゥルースリーパー」。ネットで急成長のベンチャー企業が立ち上げたブランド「モットン」。モットンはどれも高反発ではありますが、体重や体型に合わせて硬さやサイズが選べるのが魅力です。

 

一方、低反発・中反発・高反発と硬さも各種揃えており、身体の状態だけではなくライフスタイルに合わせて選択の余地が広がるトゥルースリーパーがあります。

 

しかしいずれも一長一短あり一概にどちらがいいとは言えません。幸いどちらの製品も返金保証制度があるので両者を試してみるのもいいでしょう。

 

口コミなど、実際に使用した人の体験談などを参考にしてみても良いと思います。

モットンの口コミや体験談